TxKxZxWx's blog

AWS SAA、Javaの学習

Java学習 15日目 「文字を切り取り - substring」, 配列 (要素の合計 )

・文字を切り取り、部分文字列を抽出 - substring

 

substringは文字列から任意の文字列を抽出するメソッド。

  • 抽出する文字列の指定は、第一引数に開始位置の番号、第二引数に終了位置に1足した番号
  • 引数を一つだけ取るとその位置以降のすべての文字列を抽出する

 

 

例題:

 

半角アルファベットで構成された文字列 S と正の整数 N 入力されます。

1文字目から N 文字目までを出力して下さい。

例えば

abcdefg
4

と入力された場合

abcd

と出力して下さい。

 

 

解答:

 

import java.util.*;


public class Main {
  public static void main(String args) {
    Scanner sc = new Scanner(System.in);
    String str = sc.next();
    int n = sc.nextInt();
    String cutStr = str.substring(n);
    System.out.println(str.substring(0, n));
  }
}

 

 

 

 

配列(リスト)要素の合計

 

指定した配列(リスト)を定義し、配列(リスト)の要素すべてを全て加算して出力。

 

 

例題:

 

入力される値

なし

1, 3, 5, 6, 3, 2, 5, 23, 2
を要素に持つ配列(リスト)をプログラムで定義し、使用すること。

 

 

 

解答:

 

class Main {
  public static void main(String args) {
    int array = {1, 3, 5, 6, 3, 2, 5, 23, 2};
    int sum = 0;

    for (int i = 0; i < array.length; i++) {
      sum += array[i];
    }

    System.out.println(sum);
  }
}

 

 

 

解説:

まず与えられた数値を int array = {1, 3, 5, 6, 3, 2, 5, 23, 2}; の形でarrayという配列に入れる。

そして和を求めるために初期値が0のsum変数を作り、for文と.lengthでarray配列の要素数分ループし、sum変数に和を蓄積していく。

素数分ループが終わるとループを抜け和が蓄積されたsum変数の中身を出力。