TxKxZxWx's blog

AWS SAA、Javaの学習

Java学習 21日目 「クラスで、引数と戻り値のあるメソッドを作ろう 」

Java入門編7: クラスを理解しよう

 

 

05:クラスで、引数と戻り値のあるメソッドを作ろう

 

「商品ごとに単価と個数を保持して、合計金額を計算する」

 

public class Main {
  public static void main(String[] args) {
    Item apple = new Item(120, 15);
    int total = apple.getTotalAmount();
    System.out.println("合計金額は" + total + "円です。");
    Item orange = new Item(85, 32);
    System.out.println("合計金額は" + orange.getTotalAmount() + "円です。");
  }
}

class Item { //商品の単価と個数だけを保持するクラス
  private int price;
  private int quantity;

  public Item(int newPrice, int newQuantity) { // Itemコンストラク
    price = newPrice;
    quantity = newQuantity;
  }

  public int getTotalAmount() { //合計金額を計算するメソッド
    return price * quantity;
  }
}

 

 

 

Item

Itemオブジェクトを代入するapple変数にItemとついているのは、このapple変数がItem型のオブジェクトを格納することを表している。

 

Item

クラスのItemコンストラクタの呼び出しを表している。 

 

 

 

 

①: 「まずは商品の単価と個数だけを保持するクラスを作る。」

単価と個数というメンバー変数を持つItemというクラスを作る。

 

class Item { //商品の単価と個数だけを保持するクラス
  private int price;
  private int quantity;

  public Item(int newPrice, int newQuantity) { // Itemコンストラク
    price = newPrice;
    quantity = newQuantity;
  }

 

 

②: 「合計金額を計算するメソッドを作る。」

この計算の結果が戻り値になる。

 

public int getTotalAmount() { 
    return price * quantity;
  }

 

 

③: 「Itemクラスからオブジェクトを作ってりんごの合計金額を計算する。」

 

    Item apple = new Item(120, 15);
    System.out.println("合計金額は" + apple.getTotalAmount + "円です。");

 

メソッドの戻り値は変数に代入することもできる。

 

    Item apple = new Item(120, 15);
    int total = apple.getTotalAmount();
    System.out.println("合計金額は" + total + "円です。");