TxKxZxWx's blog

AWS SAA、Javaの学習

Java学習 22日目 「文字列や配列もオブジェクトになっている 」

Java入門編7: クラスを理解しよう

 

 

06:文字列や配列もオブジェクトになっている

 

 

プログラミング言語Javaは文字列や配列がオブジェクトになっている。

 

public class Main {

  public static void main(String args) {

    String text = new String("1234");

    System.out.println(text); //1234を表示

    System.out.println(text.length()); //textメソッドの文字数カウント

 

    int numbers = new int[4];

    for (int item : numbers) {

      System.out.print(item + ", ");

    }

    System.out.println("");

    System.out.println(numbers.length);

  }

}

 

 

 

Javaでは文字列や配列はオブジェクトになっている。

文字列はStringクラスのオブジェクト。

 

・今までは↓のように記述していた。

    String text = "hello world";

    System.out.println(text);

 

 

・以下のように他のオブジェクトを作るときと同じように記述も出来る。

    String text = new String("1234");

    System.out.println(text);

 

 

・文字列はオブジェクトなのでメソッドを呼び出すことが出来る。

例えばlengthメソッドでは文字数を調べることが出来る。

    System.out.println(text.length());

 

 

・配列もnewを使って生成することが出来る。

    int[] numbers = new int[4];

    for (int item : numbers) {

      System.out.print(item + ", ");

    }

 

要素が4個の整数の配列を作ってループで出力できる。

newで配列オブジェクトを作っている。

 

 

「length()とlength」

 

文字列.length()は文字列の文字数を返し、配列.lengthは配列の要素の数を返す。

 

 

文字列や配列のデータはどれもオブジェクトになっており、メソッドを呼び出して処理することが出来る。

Javaでは、int, doubleはオブジェクトではない。