TxKxZxWx's blog

AWS SAA取得に向けて学習

AWS SAA取得に向けて 88日目 「グローバルインフラストラクチャ、TAM、AWSのサポートサービス」

先日受験したAWSクラウドラクティショナーに出題された中で理解の浅いポイントを復習

 

 

 

『グローバルインフラストラクチャ』

世界中に存在する「リージョン」、「AZ」、「エッジロケーション」により構成され、安全性、信頼性・セキュリティに優れたクラウドプラットフォームです。

 

  • リージョン → データセンターが集積されている世界中の物理的な場所。
  • AZ → 一つ以上のデータセンターがネットワークでつながったデータセンター群。
  • エッジロケーション → コンテンツキャッシュ、DNSサービス、セキュリティの機能を提供する、全世界に配置されたロケーション。

 

 

 

『TAM』

TAMとは、AWS の導入をしている企業などに対し、運用の効率を上げるために技術的な視点でサポートをしてくれるAWSスペシャリスト。

正式名称はTechnical Account Manager。

 

AWSサポートサービス

  1. カスタマーサービス
    AWSでは、電話もしくはWeb上から質問をすることができる。
    平日の9時から18時まで受け付けており、基本的に1回の質問に対しての回答となる。
    カスタマーサービスから返信が来るまでの時間は、サポートプランによって差が生じる。

  2. サポートフォーラム
    サポートフォーラムというのは、質問をWeb上へと書き込むことによって、他の誰かが回答してくれるというサービス。
    ただし、カスタマーサービスと比べて、回答までに時間がかかる可能性があるので、すぐに回答が欲しい場合には不便な可能性がある。

  3. AWS Trusted Advisor
    AWS Trusted Advisorというのは、AWSが今までに蓄えてきたノウハウを活かすことによって、実際に構築されているシステムの構成や運用状態の調査をし、改善が出来る部分を見つけて提示してくれるというサービス。
    AWS特有の、AWSならではのサービスといえる。

 

AWSのサポートプラン』

AWSのサポートプランの種類には「ベーシックプラン」「開発者サポートプラン」「ビジネスサポートプラン」「エンタープライズサポートプラン」の4つがある。

 

  1. ベーシックプラン
    AWSアカウントの取得をすると、自動的に利用が可能となるプランで、受けられるサポートは基礎的なものだけ。
    しかし、カスタマーサービス、サポートフォーラム、AWS Trusted Advisor内の4項目は使用出来る。
    ただし、技術面におけるサポートは対象外。
    サポートの利用料金はかからない。

  2. 開発者サポートプラン
    開発者サポートプランはベーシックプランでサポートされる内容に加えて、アーキテクチャなど技術的な部分の対応もしてくれるプラン。
    ベーシックプランの場合は料金などに関する質問しか出来ないが、こちらのプランならば、技術的な質問にも答えてくれる。
    料金は最低29米ドルとなり、月額29米ドル、もしくは月ごとのAWS料金の3%の内、高い方の料金が適用される。

  3. ビジネスサポートプラン
    ビジネスサポートプランは開発サポートプランでサポートされる内容に加えて、Trusted Advisor内の項目が全て使うことが出来るようになる。
    そして、質問してから4時間以内に回答が返ってくるようになる。
    さらに技術サポートをしてくれる人数の上限が無くなるので、様々な意見を聞くことが出来るようになる。
    料金は最低100米ドルとなり、月額で設定されているが固定という訳ではなく、使用した量によって料金が月額を超えることもある。

  4. エンタープライズサポートプラン
    エンタープライズサポートプランは法人に向けたプランとなっており、このプランでのみ、TAMからのサポートを利用することができる
    さらにサポートセンターではメールのみならず、電話やチャットを使用しての相談も可能で、24時間いつでも連絡を受け付けている。
    エンタープライズを利用する料金は最低15,000米ドルと比較的高額。